お役立ち情報のまとめブログ

季節の話題やイベント等の情報をお伝えします。

春日部藤まつり2017の日程と場所は?プログラムと屋台もご紹介!

      2017/03/14

春日部藤まつり藤棚

出典:https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/13/be/4f4ba0cc755b7de1b8d14dcb6626f8a2.jpg

春日部藤まつりは、埼玉県の春日部駅西口のふじ通りで行われる国内最大級の藤まつりで、約18万人の観客が会場を訪れます。

目玉は、ふじ通りの沿道の頭上に咲きほこる、八種類の藤による全長1,100メートルの藤棚です。

また、埼玉県では普段は観られない、日本各地の名物プログラムを観賞できるのも、春日部藤まつりの特長ですね。

この記事では、春日部藤まつりの日程と場所、プログラム、屋台等の情報をお伝えします。

スポンサーリンク

 

2017年の春日部藤まつりの日程について

春日部藤まつりは、毎年、4月下旬の日曜日に開催されるのが通例となっています。

2017年は、4月23日(日)の10時30分から16時に開催されます。

春日部藤まつりは小雨決行ですが、開催が困難になる荒天の場合は延期されます。

花に関連した祭りは、複数日に渡って行われることが多いのですが、春日部藤まつりは一日のみの開催になります。

春日部藤まつりが行われる場所は?

春日部藤まつりは、春日部駅西口のふじ通りの市役所通り(郵便局)から、ユリノキ通り(地方庁舎)までの1,100メートルの藤棚に彩られた区間で開催されます。

春日部藤のマップ

春日部藤まつりのプログラムについて

春日部藤まつりよさこい

出典:https://pds.exblog.jp/pds/1/201411/13/64/a0320564_21002494.jpg

春日部藤まつりでは、マーチングバンドによるパレード、和太鼓、ヒップホップダンス、吹奏楽などに加え、よさこいソーラン、阿波踊り、エイサーなどの地方の名物プログラムも行われます。

中でもよさこいソーランは人気で、よさこいを目当てで会場を訪れる人も多数いるようです。

多種多様な屋台が楽しめます

春日部藤まつりの屋台

出典:https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6f/61/9f4ac19e5097d57e9cde7288a1d2c392.jpg

春日部藤まつりの会場の藤通りの沿道には、多数の屋台が並ぶため、プログラムを観るだけでなく、屋台グルメに舌鼓を打つこともできます。

また、出店される屋台は飲食系だけでなく、日用雑貨から手芸品まで広域に及びます。

そのため、様々な屋台を渡り歩いて、お値打ちものを探索するという楽しみ方もできます。

スポンサーリンク

 

春日部藤まつりのアクセスは?

電車で行く場合

東武伊勢崎線、東武野田線の東武春日部駅から徒歩7分です。

車での来場はおすすめできません

春日部藤まつりは、1日のみで18万人もの観光客が集まる大きなイベントなのですが、会場に駐車場がないため、駐車場を確保するのが非常に困難です。

また、まつりの開催時間には交通規制も行われるため、混雑に拍車がかかります。

そのため、公共交通機関のご利用をおすすめします。

春日部藤まつりのまとめ

以上、春日部藤まつりの情報をお伝えしました。

この記事は、プログラムの情報を中心に書いたのですが、何と言ってもふじ通りの沿道に咲く藤棚が見事なので、是非とも観賞してみて下さい。

また、春日部藤まつりは、大混雑するイベントなので、藤棚をゆっくりと観賞したい方は、藤まつり当日の来場は避けるのが無難だと思います。

春日部藤まつりの開催は1日のみですが、藤棚の見頃は、4月中旬から5月上旬まで続きます。

スポンサーリンク