お役立ち情報のまとめブログ

季節の話題やイベント等の情報をお伝えします。

亀戸天神藤まつり2017の見頃と日程は?ライトアップの時間と屋台は?

      2017/03/17

亀戸天神藤

出典:https://pds.exblog.jp/pds/1/200705/28/78/e0071178_6381022.jpg

亀戸天神社は、東京都江東区の藤の名所で、東京随一の藤が観られることで名高く、多数の浮世絵の題材にもなっています。

見頃の時期には境内にある100株以上の薄く紫がかった藤を観賞することができます。

また、藤棚の下の池の水面に映し出される藤の姿は美しく必見です。

夜間に行われるライトアップも見どころの一つで、昼間とはまた違った藤を味わうことができます。

この記事では、亀戸天神藤まつりの見頃やライトアップ、屋台、そしてアクセス関連の情報をお伝えします。

スポンサーリンク

 

亀戸天神藤まつりの見頃と日程について

亀戸天神社の藤の見頃は、4月の中旬から5月初旬ごろです。

この時期に合わせて行われるのが亀戸天神藤まつりで、2017年は4月15日(土)から5月7日(日)に行われます。

亀戸天神社がアクセス良好な場所にあるため、見頃の時期には大勢の観光客で賑わいます。

特に混雑するのがゴールデンウィークの期間中で、藤の見頃のピークは過ぎていることが多いのですが、境内やそれに続く参道を歩くのが困難な状況になります。

早朝であれば、日中よりは混雑していないので、なるべくゆっくりと藤を観賞したい方には、早朝に足を運ぶことをおすすめします。

亀戸天神藤まつりのライトアップについて

亀戸天神藤ライトアップ東京スカイツリー

出典:https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-8e-6f/watasihashinya/folder/1254540/49/38942749/img_2?1428734973

亀戸天神藤まつりのライトアップは、まつりの期間中の日没から深夜0時まで行われます。

より詳細に言うと、日没から22時までがライトアップされた藤を余すことなく観られる時間帯で、22時から深夜0時はライトアップされる場所が減少します。

また、亀戸天神社は東京スカイツリーに近いため、両者のライトアップのコントラストを楽しむこともできます。

スポンサーリンク

 

亀戸天神藤まつりの屋台について

亀戸天神藤まつりの屋台

出典:https://art34.photozou.jp/pub/874/141874/photo/77566637.jpg

亀戸天神藤まつりは、屋台も名物と言える存在で、期間中には平日・休日問わず、多数の屋台が出店されます。

ピークの時期には出店数が100店を超えるため、焼きそば、たこ焼き、フランクフルト、かき氷、チョコバナナと言った定番の屋台グルメは、ほぼ出揃います。

参考までに、亀戸天神社は梅の名所でもあり、亀戸天神梅まつりも行われるのですが、梅まつりの場合は平日には屋台は出店されません。

イベントも多数行われます。

亀戸天神藤まつりでは、藤を観賞できるのはもちろんなのですが、多数のイベントも行われます。

江戸・竪川・天神の囃子、津軽三味線や琉球三線、琴の演奏などの伝統芸能が中心ですが、猿回しや子供太鼓など老若男女が楽しめるイベントも行われます。

亀戸天神社のアクセスと駐車場について

亀戸天神社の周辺地図

公共交通機関を利用する場合

JR総武線の亀戸駅から徒歩15分
JR総武線・地下鉄半蔵門線から徒歩15分

その他、都バス(上26・草24)の亀戸天神社前の停留所は、亀戸天神社の目と鼻の先にあるのでおすすめです。

車を利用する場合

亀戸天神社に車で行く場合にネックになるのが、駐車場ですね。

亀戸天神社には、8時から17時まで無料で開放されている駐車場があるのですが、藤まつりの期間中は大混雑するので、スムーズに駐車できる可能性は低いです。

そのため、周辺のコインパーキングの利用も視野に入れましょう。

亀戸天神藤まつりのまとめ

以上、亀戸天神藤まつりに関する情報をお伝えしました。

亀戸天神社は、都内随一の藤の名所で、アクセスも良好なため、混雑は避けられませんが、一度は見ておきたい名所です。

なお、亀戸天神社から徒歩15分で東京スカイツリーに行くこともできるので、セットで観光するのもおすすめです。

スポンサーリンク