お役立ち情報のまとめブログ

季節の話題やイベント等の情報をお伝えします。

堀切菖蒲園2017の見頃とアクセスは?葛飾菖蒲まつりもご紹介!

      2017/05/20

堀切菖蒲園

出典:https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/7c/3d/f1d4e65734d3c4cdb6c3eacf85a1964e.jpg

堀切菖蒲園は、東京都葛飾区にある花しょうぶの名所で、全国でも一二を争う知名度と人気を誇る菖蒲園です。

歴史は江戸時代に遡り、江戸の名所百景に選出されたという経歴があります。

敷地の面積は都内随一と言われ、200種類6,000本もの花菖蒲が植えられています。

また、花しょうぶの見頃の期間中に行われる、葛飾菖蒲まつりも人気のイベントです。

この記事では、堀切菖蒲園の見頃とアクセス、そして葛飾菖蒲まつりの情報等をお伝えします。

スポンサーリンク

 

堀切菖蒲園の見頃は?

堀切菖蒲園の花しょうぶは、最も開花が早い品種が5月中旬に咲き始め、6月下旬ごろまで観賞することができます。

花菖蒲の品種の数が200種類と豊富なため、長期間に渡って楽しめるのが特徴ですね。

また、十二単衣、酔美人、霓裳羽衣、のような珍しい品種も観賞することができます。

堀切菖蒲園のライトアップはいつ?

堀切菖蒲園ライトアップ

出典:https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-ae-2a/tokyonightsightview/folder/1515385/48/61452548/img_0

堀切菖蒲園では、例年、6月中旬に花しょうぶの一部がライトアップされます。(時間は18時30分から21時です)

しかし、2017年は改良工事中の影響で、残念ながらライトアップは行われません。

葛飾菖蒲まつりの日程とイベントについて

葛飾菖蒲まつりは、毎年、6月の菖蒲の見頃に合わせて、堀切菖蒲園と水元公園の二つの会場で行われます。

2017年は、5月30日(火)から6月18日(日)に開催されます。

葛飾菖蒲まつりでは、花しょうぶを観賞するだけではなく、パレードや歌謡ステージ等のイベントを観覧したり、屋台グルメを堪能したりすることもできます。

スポンサーリンク

 

堀切菖蒲園のアクセスは?

電車で行く場合

京成本線の堀切菖蒲園駅から徒歩10分です。

堀切菖蒲園駅には各駅停車しか停車しないため、注意しましょう。

車で行く場合

首都高速の四ツ木出入口から3㎞です。

堀切菖蒲園には駐車場がないため、周囲の民間の駐車場を利用することになります。

また、休日限定になりますが、近隣の荒川河川敷にある堀切橋駐車場も利用することができます。(普通車のみで駐車料は500円)

周遊バスも運行されます

葛飾菖蒲まつりの期間中の土日には、かつしか菖蒲めぐり周遊バスが運行されます。

停留所は、堀切菖蒲園、しばれれ地蔵、金町駅、柴又帝釈天の四カ所で、運賃は220円です。

堀切菖蒲園のまとめ

以上、堀切菖蒲園に関する情報をお伝えしました。

堀切菖蒲園と聞くと、菖蒲しか観ることができないような印象を受けますが、実は一年中、四季折々の花を観賞できるスポットです。

下記の表を観ると、多種多様な花を観賞できることがわかりますね。

2017年5月現在、堀切菖蒲園は改良工事中のため、菖蒲の見頃の季節のみの開園になっており、一部は立ち入り禁止になっていますが、2018年の3月には工事が終わる予定です。

スポンサーリンク