お役立ち情報のまとめブログ

季節の話題やイベント等の情報をお伝えします。

まんパク(国立昭和記念公園)2017の日程とチケットは?人気店もご紹介!

      2017/03/17

まんパク混雑

出典:https://www.kamekichi-b.com/wpblog/wp-content/uploads/2013/09/image4.jpg

まんパク(満腹博覧会)は、東京都立川市の国営昭和記念公園で行われる大規模なフードフェスティバルで、土日には約4万人もの来場者が会場を訪れます。

全国各地の美味しいものを存分に堪能できるだけあって、その人気はすでに不動のものとなっています。

メニューは、ワンコインで食べられるものから、大人数向けのパーティーメニュー、そしてお土産に適したメニューと多様性があります。

この記事では、2017年のまんパクの日程やチケット、人気店等の情報をお伝えします。

スポンサーリンク

 

2017年のまんパクの日程と開場時間は?

まんパク入口

出典:https://livedoor.blogimg.jp/zatsu_ke/imgs/6/e/6ec4504c.jpg

2017年のまんパクは、5月18日(木)から6月5日(月)の19日間に渡って開催されます。

開場時間は、10時30分から21時です。(最終日のみ、18時に終了)

まんパクは、当日のみですが再入場が可能なので、まんパクの会場でお腹を満たした後に昭和記念公園を散歩して、その後に再入場してデザートに舌鼓を打つ、といったことも可能です。

まんパクのチケットについて

チケット

まんパクのチケットは、会場だけでなく、セブンイレブンでも販売されます。(前売り券は100円割安/中学生以下はチケット不要)

セブンイレブンでチケットを購入しておけば、会場の当日券売り場の行列に並ぶ必要がないので、混雑が見込まれる休日に来場する方におすすめです。

また、まんパクの入場券と昭和記念記念公園の有料エリアの入園券がセットになったチケットも販売されます。

こちらは、それぞれ単体を購入するよりも210円割安になります。

昭和記念公園は、都内で屈指の広さを誇る公園(東京ドーム40個分)なので、まんパクの腹ごなしに利用してみてはいかがでしょうか?

まんパクで人気のお店は?

ここでは、まんパクで毎年のように上位にランキングされる名物店を三店舗ご紹介します。

札幌九兵衛

札幌九兵衛の海鮮丼

出典:http://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-94-8f/kibisii0527/folder/1062961/97/34434397/img_0_m?1477560721

北海道物産展で、待ち時間が3時間を大きく超える行列が出来たという伝説を持つお店で、まんパクでも当然のように好評を博しています。

新鮮な海鮮丼を是非とも堪能してみて下さい。

リトルジュースバー

リトルジュースバーいちごけずり

出典:http://livedoor.blogimg.jp/kaz823ad/imgs/9/0/9066084f.jpg

リトルジュースバーも札幌九兵衛と双璧の人気店です。

一番人気のメニューはいちごけずりで、その食感に虜になる人が続出しています。

十勝牛とろ丼

牛とろ丼

出典:https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRZzodrWh-Andpll3IwB-RLqQAsT4XdssENpw2ytO1dpikEcTCF

全国各地のイベントで大人気の牛とろ丼ですが、まんパクのランキングでも常の上位に入ってきます。

そのジューシーさは一度は体感する価値があると思います。

ちなみに、北海道大学の学生食堂のメニューにも牛とろ丼があるので、北海道ではメジャーなメニューなのかもしれません。

スポンサーリンク

 

まんパクの会場へのアクセスについて

電車・モノレールを利用する場合

まんパクの会場の最寄りの入口は、南東のあけぼの口です。

JR中央線の立川駅北口から徒歩10分、もしくは多摩モノレールの立川北駅から徒歩8分です。

車を利用する場合

中央自動車道国立府中ICから国道20号線経由で行くことができます。(距離は8km)

駐車場についての注意点

まんパク会場の昭和記念公園には、駐車料金が820円の有料駐車場があるのですが、平日は17時、土日は18時に営業が終了してしまうので、時間には注意しましょう。

また、駐車場のキャパシティは十分ではなく、長時間の空車待ちも想定されるので、公共交通機関を利用することをおすすめします。(特に土曜日・日曜日)

まんパクのまとめ

以上、まんパクに関する情報をお伝えしました。

まんパクは、大規模なフードフェスティバルなのですが、飲食店だけでなく物産店もありますし、子ども用のキッズエリアもあるので、複合レジャーイベントと捉えることもできます。

都心からのアクセスがよいため、平日でも混雑する人気っぷりですが、それに見合うだけのグルメを堪能できるおすすめのイベントです。

スポンサーリンク