お役立ち情報のまとめブログ

季節の話題やイベント等の情報をお伝えします。

小岩菖蒲園まつり2017の見頃と開花状況は?アクセスと駐車場は?

      2017/06/15

小岩菖蒲園

出典:https://pds.exblog.jp/pds/1/201507/02/61/d0152261_1128471.jpg

小岩菖蒲園は、東京都の江戸川の河川敷にある花菖蒲の名所で、約5万本の花しょうぶが来園者を迎えます。

小岩菖蒲園は営利目的で開園されたのではなく、地元住民が寄贈した花菖蒲を利用して、江戸川区が開園したという経緯があります。

また、花しょうぶの見頃の時期には、小岩菖蒲園まつりが行われ、多くの来園者で賑わいます。

この記事では、小岩菖蒲園の見頃や開花状況、まつりの情報、アクセス・駐車場等をお伝えします。

スポンサーリンク

 

小岩菖蒲園の花しょうぶの見ごろと開花状況は?

小岩菖蒲園開けた場所

出典:https://farm3.staticflickr.com/2910/14394613616_3fbe9561dd.jpg

小岩菖蒲園の花しょうぶの見ごろは、6月上旬から6月下旬です。

小岩菖蒲園は河川敷の開かれた場所にあり、入場制限が全くないため、花菖蒲の見ごろの時期であれば、無料でいつでも、花菖蒲を観賞することができます。

開花状況は、えどがわ環境財団の公式サイトに写真付きで公開されます。

小岩菖蒲園まつりについて

小岩菖蒲園では、花菖蒲の見頃の時期に合わせて、小岩菖蒲園まつりが開催されます。

2017年の小岩菖蒲園まつりは、6月3日(土)から6月18日(日)に開催されます。

小岩菖蒲園まつりでは、花菖蒲の販売、花菖蒲グッズの販売、ボランティアによるガイドが行われるほか、園芸に関する相談ができる場も設けられます。

食事については、ガッツリと食べられるようなお店はありませんが、軽食を購入することができます。

また、祭り期間中の土曜日と日曜日には、模擬店も開かれます。

スポンサーリンク

 

小岩菖蒲園のアクセスは?

電車・バスを利用する場合

京成本線の江戸川駅から徒歩5分です。

または、JR小岩駅から京成バスを利用して行くこともできます。

京成バスを利用する場合は、新小52系統に乗車して江戸川駅通り停留所で下車、または小72系統に乗車して一里塚停留所で下車します。

下車後、徒歩10分~15分程度で小岩菖蒲園に到着します。

また、小岩菖蒲園まつりの期間中の土曜日と日曜日限定ですが、JR小岩駅の南口2番乗り場から往復直通バスが運行されます。(運賃は片道220円)

直通バスの経路は、JR小岩駅→小岩警察・区民館→東小岩六丁目→小岩菖蒲園です。

直通バスの時刻表は以下のようになっています。

車で行く場合

蔵前橋通り(千葉方面)の市川橋のたもとを左折し、400メートルで小岩菖蒲園の駐車場に到着します。

小岩菖蒲園の駐車場は?

小岩菖蒲園には400台収容の無料駐車場があります。

ただし、この駐車場は、小岩菖蒲園の来園者専用の駐車場ではなく、河川敷のグランドの利用者と兼用になります。

小岩菖蒲園のまとめ

以上、小岩菖蒲園に関する情報をお伝えしました。

小岩菖蒲園は、バリアフリーを積極的に取り入れた植物園としても有名です。

園内が平坦に舗装されているため、車椅子の利用者でも、ベビーカーを押しながらでも、足腰が強くない高齢者でも問題なく、花菖蒲を観賞することができます。

また、車椅子用のトイレも設置されています。

そのため、小岩菖蒲園はあらゆる人におすすめできる花菖蒲の名所と言えます。

スポンサーリンク