お役立ち情報のまとめブログ

季節の話題やイベント等の情報をお伝えします。

辰野ほたる祭り2017の日程と屋台は?アクセスと駐車場は?

      2017/04/24

辰野ほたる祭り

出典:https://pds.exblog.jp/pds/1/201007/01/54/c0059854_20234628.jpg

信州辰野ほたる祭りは、長野県上伊那郡辰野町で行われる、ほたるの観賞がメインのお祭りです。

会場は、日本一のほたるの名所として呼び声が高い松尾峡(ほたる童謡公園)で、一晩で10,000匹以上ものゲンジボタルを観賞できることもあります。

また、祭りの期間中には屋台が出店され、総踊り、ライブパフォーマンス、パレード等のイベントも行われます。

この記事では、辰野ほたる祭りの日程や屋台、アクセス、駐車場等の情報をお伝えします。

スポンサーリンク

 

2017年の辰野ほたる祭りの日程は?

辰野ほたる祭りは、6月中旬頃の土曜日から9日間に渡って開催されるのが通例となっています。

2017年の辰野ほたる祭りも、6月10日(土)から6月18日(日)の9日間に渡って開催されます。

また、土曜日の17時から22時、日曜日の17時から21時は、伊那富橋と平出~松尾峡のエリアが歩行者天国になります。

辰野ほたる祭りの屋台について

辰野ほたる祭り屋台

出典:https://yataijyouhou.com/wp-content/uploads/2015/04/6f89fe07a55500c849f427f8aa9cf1f9_s-e1430403170183.jpg

辰野ほたるの期間中には、JR辰野駅周辺に屋台が出店されます。

もちろん、辰野町名物の元祖ほたる饅頭を食べることもできます。

また、屋台の出店数は、土曜日・日曜日が特に多く、沢山の観光客で賑わいます。

辰野ほたる祭りの入場料について

会場の松尾峡(ほたる童謡公園)に入場するためには、ホタル保護育成協力金として、一人500円の料金がかかります。(中学生以下は無料です。)

松尾峡(ほたる童謡公園)のアクセスについて

電車を利用する場合

JR辰野駅から徒歩15分

臨時列車もあります。

辰野ほたる祭りの期間中には、臨時列車の辰野ほたる祭り号が辰野駅と松本駅間で運行されます。

車を利用する場合

東京・名古屋方面から

中央自動車道伊北ICから国道153号線経由で10分

新潟・長野から方面から

長野自動車道塩尻ICから国道153号線経由で20分

スポンサーリンク

 

辰野ほたる祭りの駐車場について

辰野ほたる祭りの期間中は、JR辰野駅周辺に無料・有料の臨時駐車場が設置されます。

最も便利なのは、ほたる童謡公園内にある有料の特別駐車場(1日1,000円)ですが、収容台数が100台と多くないため、満車で駐車できない可能性が高いです。

その次に便利なのは、お祭り広場の有料駐車場(1日500円)で、ほたる童謡公園まで徒歩10分程度で行くことができますが、こちらも収容台数が40台と少なめです。

その他の駐車場は、ほたる童謡公園まで徒歩20分~35分程度の距離があります。

なお、17時には交通規制が開始されるので、それまでには駐車しておくことをおすすめします。

辰野ほたる祭り臨時駐車場

辰野ほたる祭りのまとめ

以上、辰野ほたる祭りに関する情報をお伝えしました。

辰野ほたる祭りは、日本一のほたるが観賞できると評判なため、会場のほたる童謡公園は毎年大混雑します。

また、交通規制が17時というまだ明るい時間帯から開始される点も要注意です。

スポンサーリンク