お役立ち情報のまとめブログ

季節の話題やイベント等の情報をお伝えします。

みたままつり2017の開催日時と屋台の出店は?提灯の献灯とアクセスは?

      2017/05/17

みたままつり提灯

出典:https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/34/64/d42791c48d6f5164169c3ad8d9813afd.jpg?random=7d09da28acfd85fda5748d5bf4a84dcd

みたままつりは、靖国神社で行われる祭りで、毎年約30万人が訪れる東京の夏を彩る行事の一つです。

夜には本殿で英霊の葬儀が行われ、御輿振、青森ねぶた、特別献華展等の奉納行事も行われます。

また、都内で最も早い時期に開催される盆踊りも行われます。

この記事では、みたままつりの開催日時と屋台、提灯の献灯、アクセス等の情報をお伝えします。

スポンサーリンク

 

みたままつりの開催日時について

みたままつりは、平日・休日に関係なく、7月13日から7月16日に行われるのが通例となっています。

2017年も、7月13日(木)から7月16日(日)に行われる予定です。

また、みたままつりの開催時間は、4日間とも18時からで、昇殿の参拝は朝の9時から20時まで行なうことができます。

みたままつりで出店される屋台について

みたままつり屋台

出典:https://www.kyoei-realty.co.jp/info/wp-content/uploads/P1100600-300×225.jpg

みたままつりでは、2015年から屋台の出店が中止になっています。

公式サイトによると「予想を超える人出により、様々な問題が発生しているため」という遠回しな言い方なのですが、具体的には、一部の若者が大騒ぎしたり、ゴミをポイ捨てしたり、提灯を破壊する等の迷惑行為を行ったのが原因のようです。

みたままつりには、屋台を楽しみに訪れる人も多いため、屋台の中止は苦渋の決断だと思います。

なお、屋台は「当面の間は中止」と発表されており、再開の目処は立っていません。

みたままつりの提灯について

みたままつり提灯の献灯

出典:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/06/db/5d27900a1610381127587520925dad32.jpg

みたままつりでは、3万個以上の提灯が境内に掲げられます。

献灯は一般人でも可能で、大型の提灯が12,000円、小型の提灯が3,000円です。

なお、みたままつりの提灯には、靖国神社の英霊への感謝と、平和を祈願するという意味合いがあります。

スポンサーリンク

 

みたままつりのアクセスについて


みたままつりが行われる靖国神社のアクセスをまとめます。

JRを利用する場合

中央線・総武線各駅停車の市ヶ谷駅から徒歩10分
※オレンジ色の快速電車は、市ヶ谷駅に停車しません。

地下鉄を利用する場合

東西線・半蔵門線・都営新宿線の九段下駅から徒歩5分
有楽町線・南北線の市ヶ谷駅から徒歩10分

バスを利用する場合

九段下~高田馬場系統の九段上停留所から徒歩1分

駐車場について

靖国神社には、靖国神社外苑駐車場という収容台数が100台の駐車場があります。

営業時間は8時から22時、料金は30分200円です。

また、靖国神社の周辺には、民間のコインパーキングも多数あります。

みたままつりのまとめ

以上、みたままつりに関する情報をお伝えしました。

様々な行事が行われるみたままつりですが、屋台の出店が取りやめになってしまったのは残念ですね。

200店舗の屋台が軒を連ねる姿は、みたままつりの名物の一つだったので、問題が解決されて、再び屋台を堪能することができればなと思います。

また、境内での宴会で開いたり、許可を得ずに集会を行ったり、ドローンを飛ばしたりする行為は禁止されているので、ご注意下さい。

スポンサーリンク