お役立ち情報のまとめブログ

季節の話題やイベント等の情報をお伝えします。

大國魂神社すもも祭り2017の日程と屋台は?からす扇子・団扇は?

      2017/05/24

すもも祭り看板

出典:https://blog-imgs-36-origin.fc2.com/a/z/a/azanoblog/2010072118074607b.jpg

府中市の大國魂神社で行われるすもも祭りは、地元の人を中心に親しまれている夏の風物詩で、毎年約7万人の来場者で賑わいます。

祭りの当日に頒布される、からす扇子と団扇は人気で、それらを目当てで参拝する人も多いです。

また、すももの屋台を筆頭に、参道には多数の屋台が出店されます。

この記事では、大國魂神社のすもも祭りの日程、屋台、からす扇子・からす団扇の値段、アクセス等の情報をお伝えします。

スポンサーリンク

 

すもも祭りの日程について

すもも祭りは、曜日に関わらず、7月20日の8時から行われるのが通例となっています。

2017年も7月20日(木)の8時から開催されます。

すもも祭りの屋台について

すもも祭りすもも屋台

出典:https://ouchi-ouchi.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2015/06/0707_02.jpg

すもも祭りでは、参道沿いに約120軒の屋台が出店されます。

焼きそば・焼き鳥・たこ焼きのような定番のお店もありますが、「すもも祭り」だけあって、すももの屋台もあり、1ネット1,000円で販売されています。

ネットに詰め込むすももは、自分で選ぶこともできるので、美味しそうなすももをチョイスしましょう。

からす扇子とからす団扇について

からす扇子・からす団扇

出典:https://www.uminouiwn.net/blogv2/wp-content/gallery/oldimage4/karasu.jpg

すもも祭りの開催時刻は午前8時ですが、からす扇子とからす団扇の頒布は、午前6時から開始されます。

入手するためには、それぞれ以下の初穂料が必要です。

  • からす扇子大 1,500円
  • からす扇子小 1,000円
  • からす団扇 500円

※事前に初穂料を納めておけば、扇子や団扇を取り置いてもらえるので、祭り当日に足を運ぶことができなくても、入手することが可能です。

スポンサーリンク

 

大國魂神社のアクセスは?

電車を利用する場合

JR南武線・武蔵野線の府中本町駅から徒歩3分
京王電鉄京王線の府中駅から徒歩5分

車を利用する場合

中央自動車道の国立府中ICから国道20号を経由して10分
中央自動車道の調布ICから国道20号を経由して15分

駐車場について

大國魂神社を自動車で訪れる際の駐車場は、以下の二ヶ所がおすすめです。

大國魂神社駐車場

収容台数:200台
駐車料金:30分200円

府中フォーリス店の地下駐車場(別名:府中駅南口市営駐車場)

収容台数:425台
駐車料金:30分200円

上記の二つの駐車場は、伊勢丹とフォーリス店の合算で3,000円以上買い物をすると、駐車料金が2時間まで無料になります。

他にも、大國魂神社の周辺には有料駐車場が多数存在するので、料金にこだわりがなければ、容易に駐車できると思います。

すもも祭りのまとめ

以上、大國魂神社のすもも祭りに関する情報をお伝えしました。

すもも祭りは、7月20日の一日のみの開催ですが、約7万人が来場する人気の祭りです。

当日のお昼時と夕方は特に混雑するので、人混みが苦手な人はその時間帯は避けた方が無難だと思います。

スポンサーリンク