お役立ち情報のまとめブログ

季節の話題やイベント等の情報をお伝えします。

五所川原たちねぷた2017の日程と時間は?コースと桟敷席は?

      2017/03/21

五所川原たちねぶた三体揃い踏み

出典:https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-0c-b0/satokyu2006/folder/1443568/22/62959022/img_5?1424513958

五所川原たちねぷた(立佞武多)は、青森県の五所川原市で開催される祭りで、見どころは高さが20メートル超もある巨大なたちねぶたです。

五所川原たちねぷたでは、毎年、3体の大型のたちねぶたが運行され、3体揃い踏みで登場する迫力は圧巻です。

この記事では、五所川原たちねぶたの日程と時間、コース、桟敷席、アクセス・駐車場等の情報をお伝えします。

スポンサーリンク

 

五所川原たちねぷたの日程は?

五所川原たちねぷたは、曜日に関わらず、8月4日から8月8日に開催されるのが通例となっています。

2017年も8月4日(木)~8月8日(月)に開催される予定です。

なお、祭りが始まる前日の8月3日には、花火大会が行われます。

たちねぷたの運行の時間とコースについて

五所川原たちねぷたの運行は、期間中の19時から21時ごろまで、市内一円で毎日行われます。

運行コースは以下の地図が参考になります。

五所川原たちねぶたコース

出典:https://www.okutsugaru.com/2012/06/img/ko-su%EF%BC%91.PNG

五所川原たちねぷたの桟敷席について

五所川原たちねぶた桟敷席

出典:https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-d7-08/hiro_43_7/folder/181717/75/13379175/img_0

五所川原たちねぷたでは、複数の団体が有料の桟敷席の販売を行います。

和モダンカフェは、2017年3月6日(月)から予約開始で、料金は3,500円。

株式会社まちなか五所川原は、2017年3月20日(土)から予約開始で、料金は3,000円。

五所川原立佞武多運営委員会は、10席以上が2017年3月3日(金)から、9席以下が2017年4月24日(月)から予約開始で、料金は2,500円です。

それぞれ桟敷席の場所や料金は異なりますが、いずれも、混雑を気にしないで快適な環境でたちねぷたを観賞することができるので、おすすめです。

スポンサーリンク

 

五所川原たちねぷたの歴史

五所川原たちねぷたのルーツは、400年以上前から津軽地方で伝承されている火祭りです。

しかし、たちねぷたが登場したのは、それよりもずっと後のことで、1907年頃だと言われています。

たちねぷたの登場以降は、電気と電線の普及により、小型化が続いていたのですが、1998年に高さ20メートル級のたちねぶたが復活し、現在に至っています。

アクセスと駐車場は?

公共交通機関を利用する場合

JR五能線の五所川原駅から徒歩3分
津軽鉄道の津軽五所川原駅から徒歩3分

車を利用する場合

津軽自動車道の五所川原ICから30分

駐車場について

市街地のコインパーキングや、無料の臨時駐車場を利用することができます。

臨時駐車場から会場までは、シャトルバスが運行されています。

五所川原たちねぷたのまとめ

以上、五所川原たちねぷたの情報をお伝えしました。

大型のたちねぷたが市街地を練り歩く姿は、観るものを圧倒する迫力がありますね。

また、五所川原たちねぷたの北のコース沿いには、立佞武多の館があり、祭りに出陣する立佞武多が展示されています。

展示されている立佞武多の周囲はスロープになっているので、隅から隅まで立佞武多を観賞することができます。

スポンサーリンク