お役立ち情報のまとめブログ

季節の話題やイベント等の情報をお伝えします。

山形花笠まつり2017の日程と会場の場所は?ゲストと観覧席は?

      2017/06/09

山形花笠まつり

出典:https://livedoor.blogimg.jp/iroiro29/imgs/5/4/5431dc5e.jpg

山形花笠まつりは、青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり、仙台七夕まつりとともに東北四大祭りに数えられる山形県の代表的なお祭りです。

その規模は非常に大きく、開催三日間で約100万人の観客が会場を訪れます。

中でも有名なのが山形花笠まつりパレードで、鮮やかな笠で彩られた踊り手の姿は必見です。

この記事では、山形県花笠まつりの日程と会場の場所、ゲスト、観覧席等の情報をお伝えします。

スポンサーリンク

 

山形花笠まつりの日程について

山形花笠まつりは、曜日に関わらず、8月5日・6日・7日の三日間に渡って開催されるのが通例となっています。

2017年も、8月5日(土)・6日(日)・7日(月)各日の18時から21時30分まで開催されます。

2017年の開催日は休日と重なっているので、例年よりもさらに混雑することが予想されます。

山形花笠まつりの会場の場所は?

山形花笠まつりの会場は、山形市十日町~本町~七日町通りのエリアになります。

山形花笠まつりのゲストは?

山形花笠まつりでは、開催日の各日にゲストが来場するのが恒例となっています。

ゲストは、山形県花笠まつりの公式ホームページで発表されます。

2016年は以下のようなゲストが来場しました。

8月5日

大塚文雄
テツandトモ
佐々木則夫

8月6日

大塚文雄
佐藤唯
北見恭子
青山ひかる
池田美保
松倉とし子

8月7日

大塚文雄
葵ひろ子
最上川司

スポンサーリンク

 

山形花笠まつりには観覧席はありません

人気のお祭りでは、混雑を避けて鑑賞できる観覧席が大抵あるのですが、山形花笠まつりでは観覧席は設置されません。

そのため、パレードは車道の両側に立って観覧するという形になります。

ただし、身体障害者向けのバリアフリーの見学席あり、事前に予約することで利用することができます。

お問い合せ先:山形県花笠協議会(電話番号:023-642-8753)

山形花笠まつりのアクセス

電車を利用する場合

JR奥羽本線の山形駅より徒歩10分

車を利用する場合

山形自動車道山形蔵王ICから国道286号線・県道16号線を経由して15分

駐車場について

山形花笠まつりでは、専用の駐車場は設置されないため、会場周辺の有料駐車場を利用することになります。

会場周辺には大規模な駐車場が多数存在するので、駐車場は比較的確保しやすいと思います。

周辺駐車場の具体的な情報は以下をご覧下さい。

⇒七日町周辺の駐車場はこちら

⇒山形中心街の駐車場はこちら

山形花笠まつりのまとめ

以上、山形花笠まつりの情報をお伝えしました。

最後にこの記事の情報をまとめます。

  • 8月5日~7日の18:00-21:30に開催
  • 会場は国道112号線の山形市十日町~文翔館
  • 観覧席はなし(身体障害者用の見学席はあり)
  • 会場周辺に大規模な駐車場が多数存在

スポンサーリンク