お役立ち情報のまとめブログ

季節の話題やイベント等の情報をお伝えします。

ひたちなか祭り2017の花火大会とダンスは?駐車場と交通規制は?

      2017/06/19

ひたちなか祭りダンスパレード

出典:https://hitachinakacity.files.wordpress.com/2014/08/p8171207.jpg

ひたちなか祭りは、毎年8月に茨城県のひたちなか市で開催され、花火大会を筆頭に多数のイベントが行われます。

開催においては、毎年スローガンが掲げられ、2016年は「ちいさな子供の笑顔のために」でした。

この記事では、ひたちなか祭りの花火大会やダンス関連のイベント、駐車場・交通規制等の情報をお伝えします。

スポンサーリンク

 

ひたちなか祭りの日程と場所は?

2017年のひたちなか祭りは、8月19日(土)・20日(日)の二日間に渡って開催される予定です。

祭りの会場は、勝田駅前の表町通りと昭和通りになります。

また、花火大会の打ち上げ場所は、陸上自衛隊勝田駐屯地です。

ひたちなか祭りの花火大会について

ひたちなか祭り花火大会

出典:https://asimil.xsrv.jp/img/hkt/hb20.jpg

ひたちなか祭りでは、8月19日(土)の19時00分から20時30分に花火大会が行われる予定です。

花火大会はひたちなか祭りのメインイベントの一つで、花火業者が工夫を重ねて作成した、創造花火やスターマインを観賞することができます。

最も迫力があるとされるのが、フィナーレのジャンボスターマインで、多くの観客を魅了します。

なお、荒天時には、花火大会は翌々日の8月21日(月)に延期されます。

開催の可否は、花火大会の当日の10時から、0180-99-3585(自動音声案内)で確認することができます。

ひたちなか祭りのダンスについて

ひたちなか祭りでは、ダンスに関するイベントとして、ダンスパレードコンテスト、ちびっこダンスパレードコンテスト、ひたちなかダンス広場が開催されます。

ダンスパレードコンテスト

ダンスパレードコンテストは、ひたちなか祭りの中心的な存在の一つで、1,000人以上が参加するイベントです。

コンテストなので、優れたパフォーマンスをしたチームには、金賞・銀賞・敢闘賞などの賞が授与されます。

なお、ダンスパレードコンテストには年齢制限はありませんが、事前に応募する必要があります。

ちびっこダンスパレードコンテスト

ちびっこダンスパレードコンテストも、内容自体はダンスパレードコンテストと一緒ですが、以下のような特徴があります。

  • 小学生以下のみ参加可能
  • 事前の申込みではなく、当日に先着順で参加申込み
  • 参加者全員に参加賞が贈呈

ひたちなかダンス広場

ひたちなかダンス広場は、パレードではなく、会場に設置されたステージでダンスを行なうイベントです。

こちらも、ダンスパレードコンテストと同様に、事前の申込みが必要です。

スポンサーリンク

 

ひたちなか祭りのアクセスについて

ひたちなか祭りでは、駐車場が設置されない上に交通規制も行われるため、公共交通機関の利用が推奨されています。

花火大会や祭りの会場へは、JR常磐線の勝田駅やひたちなか海浜鉄道湊線の金上駅から、徒歩で行くことができます。

ひたちなか祭りの駐車場について

車で来場する場合は、周辺の有料駐車場を利用することになります。

規模が大きめの駐車場は以下の四ヶ所です。

  • 勝田駅東口南駐車場(219台)
  • ひたちなか市営元町駐車場(117台)
  • タイムズMEGAドン・キホーテ勝田店本館(376台)
  • タイムズMEGAドン・キホーテ勝田店平面(171台)

ひたちなか祭りの交通規制について

ひたちなか祭りでは、開催期間中に花火の打ち上げ場所周辺や、祭りの会場で交通規制が行われます。

交通規制が行われる具体的な場所と時間については、以下の地図が参考になります。

ひたちなか祭りのまとめ

以上、ひたちなか祭りに関する情報をお伝えしました。

ひたちなか祭りは市民参加型のイベントなのですが、遠方から来場した人も楽しめる内容になっています。

特に、花火大会やダンスパレードはひたちなか祭りの中心的なイベントで、必見です。

スポンサーリンク