お役立ち情報のまとめブログ

季節の話題やイベント等の情報をお伝えします。

火の国まつり2017の日程とおてもやん総おどりは?花火大会と屋台は?

      2017/06/15

火の国まつりおてもやん総踊り

出典:https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-40-9b/arsine51/folder/750074/12/39888812/img_0

火の国まつりは、熊本県熊本市で毎年8月に開催される祭りで、2017年は第40回という節目の年に当たります。

メインイベントのおてもやん総おどりでは、熊本の民謡「おてもやん」に合わせた踊りを観ることができます。

また、こどもお化け屋敷、夏まちランド、火の国Dance Splashといったイベントも開催されます。

この記事では、火の国まつりの日程とおてもやん総おどり、花火大会、屋台等の情報をお伝えします。

スポンサーリンク

 

火の国まつりの日程は?

2017年の火の国まつりは、8月4日(金)~6日(日)の三日間に渡って開催される予定です。

かつては、毎年、8月11日から8月13日の三日間に開催されていたのですが、現在は、8月第一週の金曜日から三日間の開催が通例となっています。

おてもやん総踊りについて

火の国まつりのメインイベントと言われるおてもやん総踊りは、土曜日の夜に開催される見込みです。(2016年は、8月6日(土)の19時15分から20時40分に開催されました。)

参加団体は約60組、参加者数は約5,000人で、会場は活気に溢れ、元気をもらうことができます。

会場は、水道町交差点~銀座通り交差点のエリアです。(下記の地図の水色のエリアです。)

火の国まつりおてもやん総踊り会場

桟敷席は即売!

火の国まつりでは、熊本市役所前に桟敷席が設置されるのですが、おてもやん総踊りを快適に鑑賞できると好評です。

桟敷席は、おてもやん総踊り当日の18時30分から、1席500円で販売される予定ですが、例年通りであればあっという間に完売になると思います。

火の国まつりの花火大会について

江津湖花火大会

出典:https://www.comforthouse-blog.com/wp-content/uploads/2015/08/14842278524_ee6dc91113_z.jpg

火の国まつりの花火大会は、会場の県営藤崎台野球場の安全上問題で、2011年から2014年まで中止になっていたのですが、2015年は場所を下江津湖周辺に移し、江津湖花火大会として開催されました。

2016年は残念ながら地震の影響で中止となってしまったのですが、2017年は10月14日(土)に開催される予定です。

本来は夏に開催される花火大会なのですが、江津湖周辺の護岸の復旧が終わるのが9月末なので、やむを得ず10月の開催となったようです。

火の国まつりの屋台について

火の国まつりでも、祭りに付き物の屋台が出店されます。

最も多くの屋台が出店される場所は長塀通りで、総踊りの開催時間には沢山の屋台が立ち並びます。

その他、長塀通りより規模は小さくなるものの、白川公園や辛島公園、熊本城周辺にも屋台が出店されます。

スポンサーリンク

 

火の国まつりのアクセス

火の国まつりは、開催二日間で約30万人が会場を訪れる祭りで混雑が確実なため、公共交通機関のご利用がおすすめです。

公共交通機関を利用する場合

熊本市電辛島町停留場から徒歩10分

車を利用する場合

九州自動車道熊本ICから20分

交通規制について

火の国まつりでは、土曜日の総踊りが行われる時間帯に交通規制が行われます。

交通規制については、以下の地図が参考になります。

火の国まつりのまとめ

以上、火の国まつりに関する情報をお伝えしました。

2016年は地震の影響もあり、開催が困難だと思っていたのですが、無事開催されました。

2017年は復興も進み、昨年よりもさらに盛り上がることが予想されますが、花火大会が復旧作業の影響で秋に開催されるように、傷跡が癒えるのはまだ先になりそうです。

スポンサーリンク