お役立ち情報のまとめブログ

季節の話題やイベント等の情報をお伝えします。

浜名湖弁天島の潮干狩り2017の時期と料金は?無料の場所は?

      2017/02/01

浜名湖弁天島の潮干狩り

出典:https://www.hamanakotabi.net/perfectguide/img/pg001_pic_005.jpg

浜名湖の弁天島は、数ある浜名湖の潮干狩りスポット中でも、最も有名な潮干狩り場ですね。

弁天島はその名の通り島なので、弁天海浜公園から船に乗って、潮干狩り場に行くというスタイルになります。

弁天島の潮干狩り場では、ただ潮干狩りができるというだけでなく、貝汁が無料でふるまわれたり、宝探しのイベントも行われるのも人気の秘訣だと思います。

この記事では、浜名湖弁天島の潮干狩りに関する情報や、他のおすすめスポット、無料スポットなどの情報をお伝えします。

スポンサーリンク

 

弁天島で潮干狩りができる時期は?

浜名湖の弁天島で潮干狩りを行うことができる期間は、アサリの漁獲量によって毎年異なります。

例えば、2014年は5月1日から5月7日まで、2015年は5月1日から8月31日まででした。

また、アサリの漁獲量が少ないと2013年や2016年のように中止になる場合もあります。

2017年もアサリができる時期は未定ですし、中止になる可能性もあるため、舞阪町観光協会の公式サイトなどで、事前にチェックすることをおすすめします。

弁天島の潮干狩りの料金は?

弁天島の潮干狩りの料金は有料なのですが、無料だと誤解されている方がたまにいるようです。

往復の渡船料・潮干狩り場の料金・網袋の料金の三つがセットになっていることが、無料だと誤解される原因かもしれません。

料金は、上記の三点セットで、大人(中学生以上)が1,400円、子供(幼稚園以上)が700円です。

また、持ち帰ることができる貝は、一人当たり網袋1袋分(2kg)です。

弁天島のアサリは美味しい!

弁天島の潮干狩りアサリ

出典:https://img02.hamazo.tv/usr/s/h/l/shlakers/0426shio4.jpg

弁天島のアサリは天然な上に、身が柔らかく、大きさも十分だと好評です。

他の潮干狩りの、小さくて美味しくないアサリに辟易しているような人にもおすすめです。

場所によっては、はまぐりも採れるので、チャレンジしてみましょう。

弁天島海浜公園へのアクセスは?

電車で行く場合

JR東海道本線の弁天島駅から徒歩3分です。

車で行く場合

東名高速浜松西ICから国道1号を経由して25分です。

5分ほど所要時間が長くなりますが、浜松ICや三ケ日ICから行くこともできます。

駐車場の収容台数は500台で料金は1回400円です。

ゴールデンウィークの期間や、土日は、早朝から駐車場が埋まっていきます。

日によっては朝の6時30分の段階で、半分埋まってしまうこともあるようです。

そのため、ゴールデンウィーク期間中や、土日祝日は公共交通機関を利用する方が無難だと思います。

スポンサーリンク

 

他の潮干狩りのスポットは?

浜名湖には弁天島以外にも、新居弁天や村櫛でも潮干狩り行なうことができ、こちらもおすすめです。

弁天島と同じく、瀬渡し船に乗って潮干狩り場に行くという形になります。

料金やルールは弁天島と同じなので、好みに合わせて選択しましょう。

無料の潮干狩りスポットもあるのですが・・・

浜名湖には、中之島や舘山寺サンビーチのような無料の潮干狩りスポットも存在します。

しかし、無料の潮干狩り場でアサリを採ることができたのは昔の話で、現在は頑張ってもなかなか貝が見つからないという状況です。

そのため、しっかりと整備されている有料の潮干狩りスポットの方がおすすめです。

浜名湖弁天島の潮干狩りまとめ

以上、浜名湖弁天島の潮干狩りに関する情報をお伝えしました。

潮干狩り場は、一般的に鉄道駅から離れていることが多いのですが、弁天海浜公園は弁天島駅から、目と鼻の先にあります。

そのため、浜名湖弁天島は、車を所持していない人にもおすすめできる数少ない潮干狩りのスポットです。

スポンサーリンク